ダ埼玉だ グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?解説!

Pocket

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?

Q:グリチルリチン酸2Kという化粧品成分をご存知でしょうか?
A:グリチルリチン酸2Kは、グリチルリチン酸ジカリウムと呼びます。

A:グリチルリチン酸2Kは 強い抗炎症効果を持つとともに、刺激性の少ない安全な化粧品成分です。
グリチルリチン酸2Kは、そのため敏感肌向けの化粧品にも配合されます。

Google中毒 ダ埼玉だの記事では、グリチルリチン酸2Kの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。




ブランシュール公式サイトへ

首もとキレイだねと言われるために、首もとケアの【ブランシュール】

A:グリチルリチン酸2Kは、グリチルリチン酸ジカリウムと呼びます。

A:強い抗炎症作用がある成分で、ニキビや大人ニキビなどを防ぐはたらきがあります。

A:また、刺激性が少なく、敏感肌化粧水などの敏感肌化粧品にも使われます。

A:もちろん、エイジングケア化粧品にも配合されます。

A:肌悩みや肌質に応じたエイジングケアのためには、こうした成分を理解することも大切です。

この記事では、グリチルリチン酸2Kの特性について詳しくご紹介します。

また、オススメのエイジングケア美容液をご紹介します。

Q:「グリチルリチン酸2Kってどんな化粧品成分?」

Q:「どんな効果があるの?」

Q:「グリチルリチン酸2Kはどんな肌悩みに使えばよいの?」

Q:「安全性や刺激性はどうなの?」

Q:「グリチルリチン酸2K配合のオススメの化粧品は?」

  などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

A:<オススメのグリチルリチン酸2K配合美容液なら>

グリチルリチン酸2K&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」



<肌の基礎として、記事の大切なポイント>

  • A:グリチルリチン酸2Kは、カンゾウから抽出したグリチルリチン酸から作ったグリチルリチン酸誘導体です。この成分は、独特の甘みを持っています。
  • A:グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用を持つ成分で、化粧品以外でも医薬品や食品に使われます。
  • A:化粧品成分としては、グリチルリチン酸2Kと表記され、医薬部外品に配合される場合は、グリチルリチン酸ジカリウムと表記されます。
  • A:グリチルリチン酸2Kは、刺激性が少なく安全性の高い成分です。だから、敏感肌やインナードライ肌でも使うことができます。
  • A:グリチルリチン酸2Kには、ニキビや大人のニキビの炎症を鎮めるはたらきが期待できます。

2.はてな?グリチルリチン酸2Kとは?


1)はてな? グリチルリチン酸2Kの特性とは?

グリチルリチン酸2Kは、マメ科植物カンゾウ(甘草)の根または茎から抽出し精製したグリチルリチン酸から作ったグリチルリチン酸誘導体です。

甘草の名の通り、グリチルリチン酸の性質による独特の甘みを持つ白い粉末です。

また、グリチルリチン酸は水に溶けにくいため、カリウム(K)を2つくっつけることで水溶性の性質を持たせたのです。

化粧品成分としての全成分表示では、「グリチルリチン酸2K」です。

医薬部外品に配合される場合は、「グリチルリチン酸ジカリウム」と表記されます。

グリチルリチン酸2Kは、医薬品としては慢性肝炎、抗アレルギー薬、風邪薬などに使われます。

また、醤油、漬物、水産加工食品などの甘味料としても使われます。

なお、グリチルリチン酸誘導体で油溶性のものは、グリチルレチン酸ステアリルです。

2)グリチルリチン酸2Kの安全性は?

グリチルリチン酸2Kは、皮膚刺激性や毒性はほとんどなく、アレルギーの報告もほとんどありません。

したがって、基本的には安全性の高い成分です。

特に、化粧品のグリチルリチン酸2Kの含有量は5%未満と薬機法(旧薬事法)で定められているので、副作用の心配は極めて少ないと考えられます。

だから、普通肌、脂性肌はもちろん、敏感肌やインナードライ肌、乾燥肌、混合肌の

どの肌質でも使える成分です。

しかし、誰にでも全く安全とは言えません。

ごくまれに接触性皮膚炎が起こったり、かゆみがでる、赤みがでる、肌荒れが起こるなどの可能性も100%は否定できません。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。

なお、経口で摂取した場合、1日量40 mgを超えると偽アルドステロン症を発症する可能性があるため、医薬品として経口で使用する場合には用法・用量を守ることが大切です。

3)グリチルリチン酸2Kはどんな化粧品に配合されるの?


強い抗炎症作用とその安全性からさまざまな化粧品に配合されます。水溶性であることから、どちらかと言えば、水分の多いアイテムに配合されるケースが多いのですが、乳液や保湿クリームにも配合されることがあります。

他には、クレンジングジェルなどのクレンジング料、洗顔料、保湿化粧水、保湿美容液、フェイスマスク、ハンドクリーム、頭皮ケア用品、ネイルケア用品、リップケア用品、日焼け止め、ファンデーションやパウダーなどメイクのアイテムなどに使われます。

また、エイジングケア化粧水やエイジングケア美容液などにも配合されるようになっています。

プラセンタ化粧品で表現される「原液」の意味

原液というと、「純粋」や「100%のもの」という印象があり、濃度としてはこれ以上のものはない液体を指します。しかし、化粧品のパッケージに記載されている全成分表示を見ると、プラセンタエキス以外の成分名が記載されていることに気づきます。果たして、これはどういうことなのでしょうか。

化粧品の広告では、何らかの成分を取上げて「原液の化粧水」という言葉が使われますが、化粧品において特定の成分が100%の割合で入っている製品は存在しません。これは、化粧品という製品の特性上、単独の成分のみで作られるものではないからです。そのため、広告上で表現される「原液」とは、一般的にイメージされる100%という意味とは違うものです。

たとえば、「原液」と宣伝しているプラセンタエキスの化粧水(美容液)を購入した際、パッケージに記載されている成分表示を見ると「水」や「BG」など、プラセンタエキス以外の成分名が書かれています。これを見て、次のようなことを考えてしまう方がいるのではないでしょうか。

  • 原液なのに「水」が入っているってことは、薄めているのではないか?
  • 原液と言うならば、成分表示には「プラセンタエキス」とだけ書かれているはずだ

「原液」という言葉の意味で考えれば、このように考えるのは当然のことです。しかし、化粧品成分の場合では原液の意味が変わること、その理由をみていきましょう。

原液のプラセンタエキスができるまで

プラセンタエキスが原液であるかどうか。それを見極めるために、まずはプラセンタエキスができる過程を見ていく必要があります。

プラセンタの原料は胎盤(固体)

化粧品成分のプラセンタエキスは、動物の胎盤を原料にしています。胎盤は固体なので、化粧品に配合するには液体(エキス)に加工しなくてはいけません。胎盤には血液をはじめ、さまざまな物質が含まれているので、化粧品成分として必要な部分だけを抽出・精製して取り除きます。また、胎盤は固体のため液体(エキス)にするということは、水分に溶け込ませる必要が出てきます。

プラセンタに限らず「エキス」とは、植物などから水やアルコールで抽出した成分を指します。つまり、固体から液体を抽出するという時点で、かならず「水」が加わることになります。

成分を抽出するときに使用する溶剤

プラセンタから必要な成分を抽出する際、溶剤(化学成分)に浸したりして効率よく抽出します。つまり、この抽出するための溶剤もエキスの中に含まれます。どの溶剤を使用するのかは成分を製造するメーカーによって変わります。

プラセンタエキスを抽出・精製する方法には、いくつかの種類があります。その際に使用される薬品や溶剤などの成分もエキスには含まれてきます。

プラセンタエキスの原液とは

ここまで見てきたように、固体の原料であるプラセンタをエキスに加工するには、さまざまな加工が施されます。製造過程で含まれる水や溶剤などは、無くてはならないものなので、エキス(液状)になった状態では、水や溶剤を含んでいますが、プラセンタエキスの「原液(混合原料)」であるともいえるのです。

メーカーによって濃度も変わる
水や溶剤などが加わっていることを前提としても、どれくらいの濃度でプラセンタエキスが含まれているかは、メーカーや製造方法によって異なるものです。プラセンタエキスという成分には、決められた濃度などの明確な基準はないのです。

プラセンタエキス原液に含まれる成分とは

プラセンタには、以下のように豊富な成分が含まれています。

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 酵素
  • 核酸 など

この豊富な成分は、肌にさまざまな美容効果を発揮すると期待されています。

プラセンタエキス原液(美容液)に期待される効果

プラセンタエキスは、プラセンタの原液や美容液は、保湿や美白、エイジングケアなどの有効成分がぎゅっと凝縮されているため、1本でさまざまな効果が期待できます。

NMFの産生を促し保湿力を高める

肌のうるおいを保つ角質細胞内のNMF(天然保湿因子)の主成分はアミノ酸です。プラセンタにはアミノ酸が豊富に含まれているため、NMFのサポートに働くことで保湿効果が期待できます。

肌のターンオーバーを促進

プラセンタにはEGF(上皮細胞増殖因子)などの成長因子が含まれています。化粧品の成分として、確実に効果があるものとは明言できませんが、ターンオーバー(肌の新陳代謝)の活性化につながるのではないかと考えられます。

メラニン色素の産生を抑える美白効果

プラセンタエキスには、チロシナーゼという酵素を非活性化させてメラニン色素の産生を抑える作用が期待できます。しかし、一般の化粧品においては美白有効成分としての効果は認められてはいません。プラセンタエキスを有効成分とした医薬部外品(薬用化粧品)に限って期待されます。

抗酸化作用によるアンチエイジング効果はある?

プラセンタエキスは、多くの成分が含まれているため、若々しい肌をサポートするケアに効果があるような訴求が見られます。実際には、美容液など一般化粧品において、肌トラブルに対して直接的な効果を発揮するかという明確な根拠はありません。

しかし、普段のスキンケアに取り入れることが間違っているというわけではありません。肌の老化症状やアンチエイジングとは、スキンケアだけでカバーできるものではなりません。つまり、プラセンタエキスに対して過剰に期待するのではなく、そういった化粧品を取り入れながら、正しいケア、健やかな生活習慣など、トータル的に実践していくことが重要なのです。

プラセンタエキス原液の使い方

プラセンタの原液は、洗顔後の素肌にそのまま塗布することを推奨しているメーカーが多いようです。これは、その豊富な美容成分を素肌にしっかりと吸収させる目的があるためです。ただし、メーカーによって使用法が異なるため、商品の説明書をよく読んでから使うことをおすすめします。

基本のつけ方

肌につけるときは、手のひらに乗せて温めてから顔全体にやさしくなじませ、両手で押さえるように浸透アップをはかりましょう。年齢の出やすい目元や口元、首すじやデコルテなども忘れずにつけてあげてください。

気になる小じわやシミへ多彩に使用

小ジワやシミなどが気になる場所には重ねづけしたり、コットンやポイントマスクに染み込ませてピンポイントでアプローチするのもおすすめです。他にも、手持ちの化粧水や乳液に混ぜたり、自分でシートマスク(プラセンタパック)をつくったり、ビタミンC誘導体と一緒にイオン導入するなど、アレンジして使うこともできます。ただし、衛生上の懸念があるため、他の化粧品と混ぜたものを作り置きしておくことはやめましょう。

プラセンタエキス原液の副作用について

プラセンタエキスに「副作用」があるのでは?といった意見や疑問が、プラセンタエキスに配合された美容液においても疑問視されることがあるようです。しかし、プラセンタエキスを配合した化粧品を使用することで、何らかの副作用が起こることは考えられません。その理由は、化粧品によって期待できる効果というのは緩やかなものだからです。

なぜ副作用の話が出てくるのかというと、プラセンタは医療でも活用されることに関係していると考えられます。医療で扱われるプラセンタエキスは、化粧品に配合されるものとは違った医薬品成分です。医薬品成分は、作用や効果が強いため、副作用のリスクが必ずあります。


3.グリチルリチン酸2Kの効果や役割は?

性質[編集]

白色粉末によく溶ける。

グリチルリチン酸に起因する特徴的な甘みがある。

利用[編集]

漢方薬カンゾウに含まれる。

医薬品としては慢性肝炎、抗アレルギー薬、風邪薬などに使われ、それ以外では化粧品石鹸シャンプー育毛剤などに配合される。

醤油漬物水産加工食品などに甘味料として使われる。

グリチルリチン酸ジカリウム
「グリチルリチン酸2K」の画像検索結果

説明

グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸とカリウムの塩。グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸K2、グリチノンK2とも。CASは68797-35-3。 化学式はC₄₂H₆₀K₂O₁₆、分子量は899.1128。 ウィキペディア

化学式C42H60K2O16
モル質量899.1128 g/mol
EC番号272-296-1

1)医薬品として使われるグリチルリチン酸2K(くすみ、シミ、シワ、首もと・デコルテの集中ケア【ブランシュール】)の効果

グリチルリチン酸2Kは、一般用医薬品にも使われます。のどのはれや痛みを鎮める風邪薬、鼻粘膜の炎症を鎮める鼻炎薬、口腔内の炎症を鎮めるトローチに使用されます。

他にも抗炎症効果を期待して、肝臓・胃腸の薬や点眼薬に使われることもあります。

2)化粧品としてのグリチルリチン酸2K(クスミ、シミ、首もと、デコルテの集中ケア【プランシュール】の効果

グリチルリチン酸2Kの炎症を抑える効果は、化粧品としても脂性肌(オイリー肌)で皮脂過剰によるニキビなどに悩む方のスキンケアに使われます。ただし、炎症を鎮めるという対症療法なので根本的なニキビの予防や治療にはなりません。

乾燥肌や敏感肌では、角質層が乱れて炎症が起こりやすい状態を改善し、バリア機能やターンオーバーを正常化します。

大人ニキビや肌荒れのケアや毛穴ケアにも使えます。

また、グリチルリチン酸2Kは、頭皮のふけやかゆみを抑えるはたらきもあります。

3)オススメは保湿成分と一緒に使う

グリチルリチン酸2Kには保湿力は備わっていませんだから、保湿による乾燥肌の予防や改善を期待できません。

だから、化粧品ではセラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸などを一緒に配合したものを選びましょう。

特に、エイジングケア世代の方は、高い保湿力のあるヒト型セラミドをグリチルリチン酸2Kと組み合わせて使う(くすみ、シミ、シワ、首もと・デコルテの集中ケア【ブランシュール】)ことをオススメします。


4.オススメのグリチルリチン酸2K配合美容液は?


グリチルリチン酸2K配合のオススメのエイジングケア美容液がくすみ、シミ、シワ、首もと・デコルテの集中ケア【ブランシュール】です。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

私たちの美容液ランキングでは第1位(くすみ、シミ、シワ、首もと・デコルテの集中ケア【ブランシュール】)です。

くすみ、シミ、シワ、首もと・デコルテの集中ケア【ブランシュール】は使用、頻度、人気度が第1位です。

グリチルリチン酸2Kの入った、くすみ、シミ、シワ、首もと・デコルテの集中ケア【ブランシュール】は、抗炎症作用があることから、ニキビケアや皮脂過剰による大人ニキビなどのケアに向いた成分です。

また、刺激性もないことから敏感肌の方でも安心して使うことができます。首もとキレイだねと言われるために、首もとケアの【ブランシュール】

首もとキレイだねと言われるために、首もとケアの【ブランシュール】

首もとキレイだねと言われるために、首もとケアの【ブランシュール】